第3弾オリジナルレポート

正しい知識を正しい順序でをコンセプトに

レポートを作成しております。

 

第1弾レポートでは

「目線の固定と目標の決定」ということで

・ダウ理論 ・水平線 ・エリオット波動

について

 

第2弾レポートでは、

「ラインとエントリーポイント」ということで

・短期水平線 ・トレンドライン ・フィボナッチ

について学習いただきました。

 

今回、第3弾として

「MA・複数足の考え方、及び総合実践編」

をテーマとして

5人の知識を結集したものを作りました。

 

「総合的な判断が書かれているものが欲しい」

とのお声も数多くいただいておりましたので、

これまでのレポートで学習した基準を用いた

複数足を使った実践的な内容となっております。

 

この機会に是非、

第3弾 We Love FX GT5オリジナルレポート全3編
+過去動画+勉強会動画

を入手して下さいね(*^o^*)

 

■内容■

本レポートは複数足を使った実践的なトレードを習得目的として、

・MA

・複数足

・総合実践編

の3部から構成されています。

 

【MA】

Ⅰ. MA(Moving Average:移動平均線)と基準MA

① MAとは?

② なぜMA を使うのか?

③ 基準MA

 

Ⅱ.グランビルの法則と基準MA

① グランビルの8つの法則

② グランビルの法則と基準MA

 

Ⅲ. 基準MAの使い方

①基準MAを使ったエントリー

②基準MAを使った保有の目安

③MAと波のリズム

④どの波を取るのか

 

Ⅳ. ダウ理論の弱点をカバーするMAの使い方 (上級者向き)

①成功例

②失敗例

③目線とは逆のポジションだということ

④まとめ

 

Ⅴ.MAの間違った使い方と正しい使い方

① MAの角度

② 機能するMA  機能しないMA

 

Ⅵ.MAを組み合わせたトレードの組立

 

Ⅶ.おわりに

 

【複数足】

Ⅰ. 基本の確認

 

Ⅱ. 複数足を使う理由

 

Ⅲ. 複数足を使ったエントリー

① 各時間足の状況とパターン

a.長期順張り、短期順張り

b.長期順張り、短期逆張り

c.長期逆張り、短期順張り

ⅰ. 基本形

ⅱ.Wトップ

ⅲ.ヘッドアンドショルダー(三尊)

d.長期逆張り、短期逆張り

 

Ⅳ. 実際のチャート例

 

Ⅴ.まとめ

 

【総合実践編】

Ⅰ.今まで学んできたこと

 

Ⅱ.実戦例

① 環境認識

② 長期順張り・短期逆張り ~其の壱~

③ 長期順張り・短期逆張り ~其の弐~

④ 長期順張り・短期順張り

⑤ 長期逆張り・短期順張り(目標未達成)

⑥ 長期逆張り・短期逆張り(目標達成)

⑦ 長期逆張り・短期逆張り

⑧ 長期レンジ時の戦略について

⑨ V字A字の可能性を考えなければならないパターン

⑩ エントリーポイントの絞り込み

⑪ 3-3の注意点

⑫ 3つの時間足を使った考え方

 

Ⅲ.おわりに

 

■特典動画1■

レポートを入手いただいた方には特典として、

ブログ内で公開していた過去動画(2013年2月から2013年4月に配布したもの ※一部を除く)

をプレゼントいたします。

 

本レポートと合わせて見ればより理解力が深まり、

実戦での大きな武器になると確信しています。

動画数…29本

総録画時間…約810分

 

全てが役に立つ情報になっていますので、

繰り返し見ていただければと思います。

 

■特典動画2■

さらに特典として、

第2回質疑応答勉強会の未公開動画をプレゼントいたします。

(一部はブログで公開していますがノーカットバージョンです)

 

内容は第2弾、第2弾レポートを実際に手にしていただいた方の中から

8名の方々に質問を用意してもらい質疑応答形式で収録。

動画数…2本

総録画時間…約205分